オルビスユーの口コミやラインナップ、トライアルセット、成分などを解説しています。オルビスユーは、肌に合ったコスメを選択するのではなく、肌の悩みに合わせて効果を変化させる新世代のスキンケアコスメです。オルビス自信の新シリーズをお試しください。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • オルビスユーを更に詳しく

オルビスユーを更に詳しく

オルビスユーはニキビ肌にも使える?

オルビスユーはニキビ肌にも使えるのでしょうか?

 

ニキビ肌の悩みにはニキビ肌に対応したスキンケアライン「クリアシリーズ」があります。特にニキビ肌を改善したいということであればまず「クリアシリーズ」での対応が考えられます。

 

オルビスのスキンケアラインには肌の悩みやコンディションに合わせたシリーズがそろっています。そのなかでオルビスユーはエイジングケア、保湿してもなかなか効果が出ない「底なし乾燥」ケアのためのスキンケアシリーズとして作られています。

 

オルビスユーが対応する肌質としては乾燥肌とやや乾燥肌の傾向がある普通肌となっています。それに対してクリアシリーズはさっぱりタイプで超脂性肌から脂性肌、しっとりタイプで普通肌からやや普通肌の傾向がある乾性肌に対応しています。

 

こうした肌質の対応範囲を考えると、ニキビができやすい肌質のスキンケアとしてはオルビスユーは合わない可能性があります。

 

まずクリアシリーズでニキビの状態を改善し、大人ニキビができにくい肌にするという根底ケアをすることが必要になってきます。こうした肌質を整えたうえでエイジングケア対策としてオルビスユーに切り替えるということが考えられます。

 

肌に合ったスキンケアを見つけるためには実際に使ってみるのが一番です。クリアシリーズ、オルビスユー、といったスキンケアシリーズを試して肌に合っているか確認することも必要でしょう。

 

オルビス公式サイトには商品アドバイスチャットというサービスがあります。チャットで商品の選び方などを相談できます。自分の肌の状態にあったオルビスを探すために利用してみてはどうでしょうか。

美肌6要素とインナー酵素

美肌6要素とインナー酵素のつながりについてみてみましょう。

 

美肌6要素に影響しているの皮膚のなかにあるインナー酵素です。美肌6要素にはそれぞれの要素を活性化させるインナー酵素があります。そのインナー酵素の働きが弱くなると美肌6要素のバランスがとれなくなり、見た目年齢で年上に見られるなどの影響が出てきます。

 

では、ここで美肌6要素について説明します。美肌6要素というのは「うるおい、ハリ、透明感、キメの細かさ、正常なバリア機能、なめらかさ」の6つです。美肌6要素がすべてバランスよく整った肌が理想の肌なのです。

 

でも、もしこのうちの一つでもコンディションが悪くなると視覚的にもダメージを受けてしまいます。

 

うるおいをキープするインナー酵素が働かないと肌はパサつきがちになります。

 

ハリをキープするインナー酵素が働かなければ口元などのたるみが気になるようになります。

 

透明感が失われれば肌がくすんで見えてしまいますし、キメの細かさが揃っていないと化粧ノリの悪さにつながってきます。

 

肌のバリア機能が正常に働かなければ何かと肌のトラブルに悩むことになります。

 

毛穴が目立って肌表面のこまかな凹凸が気になると肌のなめらかさが失われます。

 

こうした美肌6要素をすべてそろえるためにはインナー酵素を活性化させる必要があります。オルビスユーは美肌6要素のうちダメージを受けているものを見つけ出して必要なインナー酵素が正常に働くよう修復、活性化させてくれます。これまでにないスキンケアオルビスユーの効果を試してみてはどうでしょうか。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) オルビスユーの口コミ、トライアルセット、成分など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「オルビスユーの口コミ、トライアルセット、成分など解説」(http://www.thaiflowerdd.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。